Month: July 2019
DNAポリメラーゼを抑えてウイルスを絶つ

バルトレックスという薬は非常に効果的なものと言えます。 薬価が高いだけあって、その薬効は優秀で、水ぶくれを生じさせるウイルス系の疾患に対しては絶大な治療効果を発揮します。 水ぶくれを生じさせる疾患として有名なものは水痘や帯状疱疹、そして口唇ヘルペスや性器ヘルペスに代表されるヘルペスウイルスによる疾患です。 これらの病気は全て細菌によるものではなくウイルスによるもののため、通常の薬では効果がなかった事からこの薬の有用性が注目されているのです。 なおバルトレックスは、ヘルペスに対して最もメジャーな薬であるアシクロビルのプロドラッグですので、この薬を使った事がある方にもお薦めの薬品です。 バルトレックスの作用機序ですが、ウイルスの増殖を抑えるためにDNAポリメラーゼという酵素の働きを阻害します。 このシステムによってウイルスの増殖が抑えられるので、増悪する事を防ぎます。 ウイルスは体内の細胞で増殖することによって効果を最大限に発揮しますが、それさえ出来なければ体内で作用する事はありませんので、効果的というわけです。 そのため、バルトレックスは非常に強力な薬というわけですが万能ではありません。 その理由として、酵素の阻害であるため、全ての菌を殺しているわけではなく一時的に作用を止めているに過ぎません。 ウイルス数が減れば効果が薄くなるのですが、体調が悪くなったりした場合には体内に残存している菌が再度働き出します。 それ故に、ヘルペスは完治しにくい疾患となっていますので、再発を防止するのであれば予防的にバルトレックスを利用する事をお薦めします。 ただし、購入する場合は市販薬ではないので、処方箋として出してもらうか通販という形でしか購入できない事は理解してきましょう。

2019年07月27日